老後を見据えて旭川市で2世帯住宅にリフォームしたい

リフォームを考えるようになったきっかけは、二人目の孫が生まれたことです。現在、子供夫婦とは別世帯ですが、孫の顔を見にほとんど毎日のように子供の家に通っていますので、それならば今の住まいを2世帯住宅にして、子ども夫婦と一緒に住めば、親子さらに孫まで3代で住めますから賑やかになります。

ただ、現在の住まいはけっして広いわけではないため、2世帯住宅にするには簡単な間取り変更では済みません。おそらく2階建てを3階建てにするくらいのことをしなくては、必要な部屋を確保できないと思いますので、建て替えに近い大掛かりなリフォーム工事にはなると思います。

それなりの金額になるでしょうから、手持ち資金だけでは足らなくなることも想定されますが、子供夫婦は現在賃貸マンションで毎月14万からの家賃と駐車場料金を払っていることを考えれば、それをそっくり回させることは可能ですから、実現可能性がまったくないわけではありません。

私としては今は孫の顔見たさですが今後、年を取れば体がいうことを聞かなくなることも考えられます。その時になって子供との同居を考えるより、まだ自由が効く今のうちに2世帯住宅化を計って、他人である嫁との生活にも慣れておいた方が暮らしやすくなります。

そのためには絶対にプライバシーの確保がいると思います。私自身は義母と暮らした経験がありませんが、他人と住むにはプライバシーの確保は絶対条件です。スケール的に玄関を二つにすることは無理でも、家の中は完全に分ける積りです。具体的には1階に私たち夫婦、2,3階に子供夫婦と孫の部屋を設け、風呂場、キッチン、トイレは完全に別にしたいと考えています。

また、洗濯物を干すためのベランダも分けた方がいいと聞きますので、物理的には難しいところですが、そういったことも相談に乗ってくれるリフォーム業者がいれば、設計から工事までをお願いしたいなと思います。

現在の住まいは、建て売り分譲を購入しているため、業者との付き合いはありません。しかし、いないだけに自由に選べるので、そうしたところを探すつもりです。

私のように旭川市でリフォーム業者を探しているなら、『リフォーム旭川』に一度目を通すのがおすすめですよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です