いろいろ選べる住まいのリフォーム

注目

リフォームチョイスとは?

5つの特徴

1、専属スタッフ・・・ご相談からお引渡しまで、プランナーが専任。最後まで同じ担当者だから安心。

 

2、納得の提案力・・・使いやすさ優先?センス優先?その両方。お客様のご要望にコストも合わせて提案します。

 

3、わかりやすい見積システム・・・部屋別、畳単価の定価制。明朗会計です。(標準仕様の場合)

 

4、明確な工期・・・規模の大小にかかわらず、部屋別工期を定めています。住みながらの工事も安心。

 

5、万全のアフターサービス・・・専属スタッフがそのまま継続して、その後の住み心地をお伺いします。

明るく、広々とスタイリッシュに暮らす

子供達の成長に合わせ、築35年でも自分たちらしく

「家族5人で快適に暮らす」をテーマに、中古マンションをスケルトンリフォームされたYさんご一家。

「男の子と女の子がいるので、成長した時のことを考えたら、脱衣室とトイレが同じ入り口というのは…」。

そこで、水回りの配置を変更し、パウダールーム、脱衣室、トイレをきちんと分けました。希望されていたアイランドキッチンは構造上の制約のため断念。

代案として開口部を広くしたことで、キッチンにいても、子供の気配が感じられるようになりました。また、「細かいリクエストにも柔軟に対応していただき、快適な空間ができました」と奥様。

 

オフィスと自宅を分離、三階に広々ワンフロア

螺旋階段をのぼると、見晴らし抜群の屋上浴室が。

会社経営者であるKさんのご自宅。築15年と35年の高さの異なる鉄骨3階建ての隣接する建物を、ほぼ全面改装しました。

「自宅部が2層に分かれていると使いづらく、ワンフロアにしたいと思いました」。

結果、大勢の人が楽しく使える大空間、さらには日常の喧騒を忘れてリラックスできる癒しのバスルーム、屋上の有効利用で花火の見えるルーフ・バルコニーを実現。

会社も3層に分断されていたのが2層となり、仕事が効率的にできるようになりました。

工事期間としては、約半年間という長い期間を要しましたが、Kさんのご理解もいただき大きく実りある事例となりました。

 

まとめ

このように、家を建てる時は専門の方にしっかりとチェックしてもらってから建てるのが一番です!

一生に一度の高額な買い物ですからね。

また、最近ではネット上でなんでも調べることが出来るので、気になった事は調べてみるのがいいですよ。

ちなみに私事なんですが、脱毛をしてみようと思ったんですが、初めてなのでどこに行けばいいのか全然分かりません。

私が住んでる福岡には多くの脱毛をしているお店があるので、いったいどこがいいのか??

失敗するわけにもいかないですからね。そこでネットで調べてみたら、めちゃめちゃ便利なページを発見!

ここ→脱毛 福岡

分かりやすくて、助かりました。

このように、ネットがあれば何でも解決できる便利な世の中です。なので、ネットの活用は必須ですね!

老後を見据えて旭川市で2世帯住宅にリフォームしたい

リフォームを考えるようになったきっかけは、二人目の孫が生まれたことです。現在、子供夫婦とは別世帯ですが、孫の顔を見にほとんど毎日のように子供の家に通っていますので、それならば今の住まいを2世帯住宅にして、子ども夫婦と一緒に住めば、親子さらに孫まで3代で住めますから賑やかになります。

ただ、現在の住まいはけっして広いわけではないため、2世帯住宅にするには簡単な間取り変更では済みません。おそらく2階建てを3階建てにするくらいのことをしなくては、必要な部屋を確保できないと思いますので、建て替えに近い大掛かりなリフォーム工事にはなると思います。

それなりの金額になるでしょうから、手持ち資金だけでは足らなくなることも想定されますが、子供夫婦は現在賃貸マンションで毎月14万からの家賃と駐車場料金を払っていることを考えれば、それをそっくり回させることは可能ですから、実現可能性がまったくないわけではありません。

私としては今は孫の顔見たさですが今後、年を取れば体がいうことを聞かなくなることも考えられます。その時になって子供との同居を考えるより、まだ自由が効く今のうちに2世帯住宅化を計って、他人である嫁との生活にも慣れておいた方が暮らしやすくなります。

そのためには絶対にプライバシーの確保がいると思います。私自身は義母と暮らした経験がありませんが、他人と住むにはプライバシーの確保は絶対条件です。スケール的に玄関を二つにすることは無理でも、家の中は完全に分ける積りです。具体的には1階に私たち夫婦、2,3階に子供夫婦と孫の部屋を設け、風呂場、キッチン、トイレは完全に別にしたいと考えています。

また、洗濯物を干すためのベランダも分けた方がいいと聞きますので、物理的には難しいところですが、そういったことも相談に乗ってくれるリフォーム業者がいれば、設計から工事までをお願いしたいなと思います。

現在の住まいは、建て売り分譲を購入しているため、業者との付き合いはありません。しかし、いないだけに自由に選べるので、そうしたところを探すつもりです。

私のように旭川市でリフォーム業者を探しているなら、『リフォーム旭川』に一度目を通すのがおすすめですよ!

気持ちに余裕が持てないこと

何を持って困ると判断していいのかはわかりませんが、欲しい!と思ったものを欲望のままに手に入れるような余裕がないので困っているといえば良いのでしょうか‥。
生活できていないわけではありませんが、生活ている上で感じている金銭的に足りないなぁと思うことはたくさんあります。
ありすぎてまとまったことは書けないほどに‥。
とりあえず今、無職に伴い求職中なので現在は何においても金銭的な余裕がないことに困っています。
日頃の蓄えの重要性をひしひしと感じている真っ只中です。
仕事をしているときには、毎月の給料を〇〇代として始めから封筒に振り分けて、そこからそれぞれ使用してやりくりしていました。
貯蓄代としても分けてとってありましたが、〇〇代として分けたものも全て使い切るわけではないので、使わないで済んだ分に関しては、貯蓄として回していました。
ですが、それでも給料に十分な余裕があったわけではないので、突発的に必要になってしまう医療費や結婚や出産祝いなどがあるととてもキツく感じてしまいました。
切り詰めて余裕をせっかく出して貯蓄に回せたとしても 浮くお金は毎月、数万円がいいところ‥。
でも、誰かに子供が生まれて祝いだの、風邪をひいたり、虫歯ができて歯医者に通うだのとなってしまうと きりつめられることではないので、あっという間に貯めたお金が消えて無くなってしまいます。
今は、まだ大きな病気をすることなく過ごせているので、どうしようもない状況には陥っていませんが、この状態で年を重ねて行くことに不安もあります。
常にお金に困っていると言ってしまえば、困っているような状況です。
時々は借金やローンに助けられながら生きている感じです。

借金といっても銀行はまだ金利が低いので。参照サイト:銀行からお金を借りる

でも、あまり切り詰めて生活しすぎてしまい、気持ちにも余裕がなくなることでストレスを抱えて病気になってしまえば、元もこうもないと思っているので小さな欲望はあまり我慢を繰り返さないようは心がけています。
もう少し、不安が軽減できる生活をしたいです。

脱毛したいパーツが多い

私は山形に住んでいる女子大学です。最近ムダ毛の悩みが多すぎて、脱毛サロンに通いたくてしかたがありません。山形でおすすめの脱毛サロン情報を集めて、早くカウンセリングに行きたい!

私が1番脱毛をしたいと思っているのは、顔の産毛です。
すごく毛深いというわけではないけど、剃らずに放置すると口周りがうっすら青く見えたりするので……。
自分で剃刀で剃ってもいいんだけど、顔は凹凸が多くてなかなかキレイに剃れません。
不器用で何度か切ってしまったこともあるし、元々ニキビができやすいからあまり肌に負担をかけたくないなというのもあります。
あと毛がない方が化粧ノリが良くなったり雑菌が付きにくいって言うし、その辺の効果も期待しています。
まだ脱毛には手を出せていないんだけど、ふわふわした産毛をなくせるなら顔から脱毛してみたいです。
2番目は少し迷ったんだけど、腕です。
腕の毛は比較的簡単に剃れるけど、やっぱりずっと剃り続けるのは面倒です。
それにPCで机に腕をつくことが多いから、剃った後に埋没毛になりやすいので悩んでいます。
あと腕は夏はほぼ必ず露出する場所だし、剃らなくても綺麗な状態が続くとかなり楽になるんじゃないかなと思いました。
また水仕事をするときとかには冬にも袖をまくるけど、だ

からと言ってそれだけのために毛を剃っておくのは面倒だし、オールシーズン綺麗な状態をキープするためにも永久脱毛をしてみたいです。
3番目は脚です。
私は夏場も足首くらいまでしか出さないんだけど、何故かと言われると毛を剃るのが面倒だから……。
脚は太くないしショートパンツとかも履いてみたいけど、そのために太ももまでキレイに剃るのが面倒です。
頻繁に剃らなくても脚を出せたら、ファッショ

ンの幅が広がるし暑さ対策にもなると思います。
あと脚は跡とか黒ずみが目立ちやすい気がするから、剃らずにキレイにできればいいなと思いました。
4番目はアンダーヘアです。
人と比べたことがないから自分が多いのか少ないのかもわからないけど、何となく鬱陶しいです。
特に生理中に蒸れたりかぶれたりすると、毛がチクチクして痒くなるのが嫌です。
でも全部なくしてしまうのはちょっと抵抗があるから、範囲を狭くしてスッキリさせたいなと思いました。